二日酔い対策で飲み会中に水分摂取をした行う理由・効果について

f:id:netbus92:20180929055522j:plain

二日酔い対策では一般的にはヘパリーゼやウコンの力などが有名ですが、しじみ汁や漢方薬、鎮痛剤など様々な対策があります。

その中でも今回の記事ではお金や手間を掛けずに行うことが出来る「飲み会中に水をたくさん飲む対策」について、理由や実際に効果があるのか、詳しく解説をしていきますのでお酒を飲むときの参考にしてみて下さい。

 

 

 二日酔い対策で飲み会中に水分摂取をした行う理由・効果について

水分を取ると二日酔いを防ぐことが出来る理由

酔いの根本となる原因となるお酒に含まれるアセトアルデヒドは分解の過程で水を必要としています。水分摂取を行わずにお酒だけを飲み続けると分解に必要な水分が不足し結果としてアセトアルデヒドが体内に残留してしまい二日酔いの原因となってしましまいます。そのため、お酒と一緒に水を飲むことでアセトアルデヒドを正常な分解を促すことが出来ます。

また、アセトアルデヒドの分解が進むと脱水症状を引き起こし、血中のアルコール濃度が上がってしまいますが、多めに水分を取ることで体内に吸収されるアルコール量を抑えることが出来ます。

特に冬は喉が渇いていなくても大気が乾燥して水分を奪うので、意外と水分が足りていないこともありますので気をつけましょう。

 お酒を飲むと脱水症状になりやすいもう一つの理由

お酒を摂取すると脱水症状になりやすい理由として、アセドアルデヒドの分解以外に利尿作用があります。アルコールは抗利尿ホルモンの分泌を抑え、カリウムが新陳代謝を活性化するため普段よりもトイレが近くなります。

尿を排出することで当然体内から水分が失われ脱水状態を招くので水分はこまめに補給するようにしましょう。

 

水を飲むことでお酒の飲む量を減らすことが出来る

これは副次的な効果ですが、水をたくさん飲むことで満腹中枢が刺激されるのでお酒を飲む量を減らすことが出来ます。お酒好きな方は納得出来ないかもしれませんが、単純で効果的です。

 

水はお酒と同じ量を飲むと良いって本当?飲み方は?

巷ではお酒を飲んだら同じ量の水を飲むと酔いにくいとよく言われていますが、厳密には間違っています。アルコールの分解に伴う脱水症状を緩和させるために飲むので、摂取したアルコールの総量に応じて柔軟に変える事が理想です。

参考までに一般的にアルコール度数が低いサワーやビールは同じ量、ワインや焼酎、日本酒などは2~3倍程度の水を飲むと良いとされていますが、厳密に気にし過ぎる必要はありませんので、出来るだけ多めに水を飲むよう心掛ければ良いでしょう。

 

飲み方についてはチェイサー(追い水)として飲むことでアルコールによる喉粘膜、胃粘膜への炎症を緩和させることが出来るのでお酒と交互に飲むことがポイントになります。

 

飲み会の次の日に水を飲んでも効果はある?

深酒をしてしまった翌日に目が覚めると喉が乾いていたり体に水分が足りないと感じて水を多めに飲む方は多いと思いますが、二日酔いになってしまった後に水分を摂取しても症状を緩和することは出来ないと医学的には考えられています。

しかし、水やスポーツドリンクに含まれるミネラルやビタミンは緩和に役立つため、可能であればポカリスエットやアクエリアスなどのスポーツドリンクを飲むようにしましょう。

 

水分補給には経口補水液が効果的

アルコールを摂取して体から水分が失われる際は、同時に塩分やカリウムなどの電解質(ミネラル)も同時に失われてしまいます。このため、ただの水よりも電解質の濃度が高い経口補水液を飲むことで脱水症状をより防ぐことが出来ます。

経口補水液は風邪や体調不良になってしまった際に飲むイメージが強いかもしれませんが、元々日射病などの脱水対策に設計されており、水分・電解質をより素早く吸収することが出来るのです。

飲み会に持ち込んで飲むのは現実的ではありませんが、深酒をしてしまった際は帰宅後に飲むことをオススメします。

 

水を飲むだけで万全な二日酔いの対策が出来るわけではありませんが、手軽に行えるので是非実践してみて下さい。